スポンサード リンク
Top > Trac > さくらインターネットでインストール
スポンサード リンク

さくらインターネットでインストール Edit

さくらインターネットにSubversionとTracの環境を構築します。
構築手順は、WeekbuildのHack倉庫 - Tracを参考にしています。※ほとんど、そのまんまですが・・・

svnのリポジトリ~/var/svn/repo
TracEnv~/var/trac/repo
Trac公開フォルダ~/www/dev
Trac公開URLhttp://dev.tank.jp
Tracにアクセスできるユーザーadmin=管理者、guest=閲覧のみ

※もし、ファイルがダウンロードできなくなってしまった場合(バージョンが古くなって)は、
http://www.opaken.jp/download/trac/
からダウロードできるようにしておきます。

環境設定 Edit

mkdir -p $HOME/local/src
cd $HOME/local/src
mkdir -p $HOME/local/lib/python2.4/site-packages
ln -s ~/local/lib/python2.4 ~/local/lib/python

vi ~/.cshrc
※最終行に追加
setenv PYTHONPATH $HOME/local/lib/python:$HOME/local/lib/python/site-packages
setenv PATH $HOME/local/bin:$PATH
setenv LD_LIBRARY_PATH $HOME/local/lib

一旦telnetをログアウトします。

swig Edit

cd $HOME/local/src
wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/swig/swig-1.3.21.tar.gz
gunzip swig-1.3.21.tar.gz
tar xvf swig-1.3.21.tar
cd SWIG-1.3.21
./configure  --prefix=$HOME/local 
make
make runtime
make install
make install-runtime
cd ..

Subversion Edit

wget http://subversion.tigris.org/downloads/subversion-1.2.3.tar.bz2
tar jxf subversion-1.2.3.tar.bz2
cd subversion-1.2.3
./configure --prefix=$HOME/local --with-neon=$HOME/local --without-berkeley-db --enable-swig-bindings=python --with-swig=$HOME/local/bin/swig --disable-static
make
make install
make swig-py
make install-swig-py

ln -s $HOME/local/lib/svn-python $HOME/local/lib/python/site-packages/svn-python
ln -s $HOME/local/lib/svn-python/svn $HOME/local/lib/python/site-packages/svn
ln -s $HOME/local/lib/svn-python/libsvn $HOME/local/lib/python/site-packages/libsvn

cd ..

sqlite Edit

特にインストールしなかった。
※さくらインターネットに標準でインストールされているから?

pysqlite Edit

cd $HOME/local/src
wget http://initd.org/pub/software/pysqlite/releases/1.1/1.1.7/pysqlite-1.1.7.tar.gz
gunzip pysqlite-1.1.7.tar.gz
tar -xvf pysqlite-1.1.7.tar
cd pysqlite
setenv LOCALBASE $HOME/local
python setup.py build
python setup.py install --prefix=$HOME/local

clearsilver Edit

wget http://www.clearsilver.net/downloads/clearsilver-0.9.14.tar.gz
gunzip clearsilver-0.9.14.tar.gz
tar -xvf clearsilver-0.9.14.tar
cd clearsilver-0.9.14
./configure --prefix=$HOME/local --oldincludedir=$HOME/local/include --disable-ruby --disable-java --disable-perl --disable-csharp --disable-python --disable-static
gmake
gmake install

cd python
python setup.py build
python setup.py install --prefix=$HOME/local

docutils Edit

cd $HOME/local/src
wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/docutils/docutils-0.4.tar.gz
gunzip docutils-0.4.tar.gz
tar -xvf docutils-0.4.tar
cd docutils-0.4
python setup.py install --home=$HOME/local

Trac Edit

Tracは、インターアクト株式会社さんが提供している日本語版0.10.3を使います

cd $HOME/local/src
wget http://www.i-act.co.jp/project/products/downloads/trac-0.10.3-ja-1.zip
unzip trac-0.10.3-ja-1
cd $HOME/local/src/trac-0.10.3-ja-1
python ./setup.py install --prefix=$HOME/local
cp $HOME/local/share/trac/cgi-bin/trac.cgi $HOME/www

Subversionのリポジトリ作成 Edit

mkdir -p $HOME/var/svn
svnadmin create --fs-type=fsfs $HOME/var/svn/repo

リポジトリ内にフォルダを作る

mkdir $HOME/tmp
cd $HOME/tmp
mkdir proj
cd proj
mkdir trunk branches tags
cd ..
svn import proj file:///$HOME/var/svn/repo -m "Import First"
rm -r proj

trac の環境を設定 Edit

mkdir -p $HOME/var/trac
trac-admin $HOME/var/trac/repo initenv

リポジトリフォルダは~とか使わずに/home/XXXという形で全部入力すること。
(XXXはさくらインターネットのユーザーID)

Project Name [My Project]>;
Database connection string [sqlite:db/trac.db]>;
Path to repository [/var/svn/test]>; /home/XXX/var/svn/repo
Templates directory [/home/XXX/local/share/trac/templates]>;

trac.cgiの作成 Edit

Tracを公開するフォルダを用意します。

mkdir $HOME/www/dev

次に、$HOME/www/trac.cgiを$HOME/www/dev/trac_.cgiという名前で移動します。

mv $HOME/www/trac.cgi $HOME/www/dev/trac_.cgi

CGIに環境変数を渡すために、新たな$HOME/www/dev/trac.cgiを作成します。 ブラウザからリクエストがくると、これがまず呼ばれることになります。
(XXXはさくらインターネットのユーザーID)

vi $HOME/www/dev/trac.cgi

#!/bin/sh
LD_LIBRARY_PATH=/home/XXX/local/lib;export LD_LIBRARY_PATH
TRAC_ENV=/home/XXX/var/trac/repo;export TRAC_ENV
PYTHONPATH=/home/XXX/local/lib/python:/home/XXX/local/lib/python/site-packages;export PYTHONPATH
/usr/local/bin/python /home/XXX/www/dev/trac_.cgi

trac.cgiのパーミッション変更

chmod 755 $HOME/www/dev/trac.cgi

URLのRewrite設定とベーシック認証の設定 Edit

$HOME/www/dev/.htaccessに以下を記載

vi $HOME/www/dev/.htaccess
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^$ /trac/ [R=301,L]
RewriteRule ^/trac/(.*)$ /trac.cgi/$1 [L]

AuthUserFile       /home/XXX/.tracpasswd
AuthGroupFile     /dev/null
AuthName          "Type your password please."
AuthType           Basic
require valid-user

パスワードファイルの作成 Edit

Tracのページにログインするためのユーザーadminのパスワードを設定します。

htpasswd -c $HOME/.tracpasswd admin
New password: adminのパスワード
Re-type new password: adminのパスワード

Tracのゲスト用のユーザーも設定しておきます。

htpasswd $HOME/.tracpasswd guest
New password: guest
Re-type new password: guest 

ドメインの設定 Edit

さくらインターネットのサブドメインを使って公開します。
さくらインターネットのコントロールパネルのドメイン設定で、ドメイン名を指定し、エイリアスのフォルダを /home/XXX/www/dev にします。
今回は、http://dev.tank.jp という名前でサブドメインを登録しました。

setuptoolsのインストール Edit

mkdir $HOME/local/src/setuptools
cd $HOME/local/src/setuptools
wget http://peak.telecommunity.com/dist/ez_setup.py
python ez_setup.py --prefix=$HOME/local http://cheeseshop.python.org/packages/2.4/s/setuptools/setu

ptools-0.6c3-py2.4.egg

python ez_setup.py --prefix=$HOME/local -U setuptools

WebAdminのインストール Edit

TracのWebAdminを
http://svn.edgewall.com/repos/trac/sandbox/webadmin/
からSVNでダウンロードしたファイルを用意しておきました。

cd $HOME/local/src 
wget http://www.opaken.jp/download/trac/webadmin.zip
unzip webadmin.zip
cd WebAdmin
python setup.py egg_info
python setup.py bdist_egg
cp dist/TracWebAdmin-0.1.2dev-py2.4.egg $HOME/var/trac/repo/plugins/

AccountManagerPlugin Edit

インストールしましたが、エラーになるため諦めました。。。

trac.iniの編集 Edit

vi $HOME/var/trac/repo/conf/trac.ini

[components]
webadmin.* = enabled
[trac]
default_charset = euc_jp

※ソースの文字コードをEUCで管理する場合

Tracの管理者権限 Edit

adminユーザーにTRAC_ADMIN権限を付与します。

trac-admin $HOME/var/trac/repo/ permission add admin TRAC_ADMIN

Tracのページにアクセス Edit

Tracのページにアクセスします。
さくらインターネットのサブドメインで設定したURLにアクセス。
今回は、http://dev.tank.jp/ にアクセスする。
BASIC認証する必要がありますので、adminでログインします。
リダイレクトされて、http://dev.tank.jp/trac/ が表示されます。

Adminページでの設定 Edit

TRAC_ADMIN権限でアクセスすると、TracのメニューにAdminが表示されています。
(WebAdminをインストールしていると表示される)
Adminをクリックして、Permissionsを選びます。

anonymousに与えている権限全てを削除します。
Subjectが、anonumousとなっている行にチェックして、「Remove selected items」ボタンをクリックします。

guestにVIEW権限を与えます。
Grant Permission:のSubjectにguestと入力し、Actionに下記のものを順に設定して「Add」ボタンをクリックしていきます。

WIKI_VIEW 
TICKET_VIEW 
TIMELINE_VIEW 
REPORT_VIEW 
ROADMAP_VIEW 
MILESTONE_VIEW 
BROWSER_VIEW 
FILE_VIEW 
CHANGESET_VIEW 
LOG_VIEW 

ToritoiseSVNでsvn+sshを使って接続する Edit

PuTTYgenを使い鍵を作成する Edit

  1. PuTTY Download Pageよりputtygen.exeをダウンロードしてください。
  2. puttygen.exeを起動して、Generateボタンを押してください(空白エリアの中でマウスを動かせと表示されます。グリグリ動かしましょう)。
  3. 表示されるテキストエリア(Puglib key for pasting into OpenSSH authorized_keys file)の中身をコピーし、メモ帳でテキストファイルに保存してください。そのファイルをauthorized_keysというファイル名(拡張子な し)に変更してください。
  4. そのままSave private keyボタンを押して秘密鍵を適当なフォルダに適当な名前で保存してください(私は忘れないようにToritoiseSVNのインストールフォルダ/binにおきました)。
  5. authorized_keysをFTPで$HOME/.ssh/に置いてください。
  6. さくらインターネットにTelnetで接続して、パーミッションを変更してください。

ToritoiseSVNの設定 Edit

  1. ToritoiseSVNの設定画面を開いてください(エクスプローラで適当なフォルダを選び右クリック→ToriseSVN→setting(または設定))。
  2. 画面左のツリーからNetwork(またはネットワーク)を選び、SSHクライアント欄にTortoiseSVNのインストールディレクトリ\binにあるTortoisePlink.exeのフルパスを指定してください。引数は 「-l アカウント名」と「-i 作成した秘密鍵のパス」を指定してください。

例:秘密鍵id_rsa.ppkをTortoisePlink.exeと同じフォルダに置いた場合。XXXはさくらインターネットのユーザID

"C:\Program Files\TortoiseSVN\bin\TortoisePlink.exe" -l XXX -i "C:\Program Files\TortoiseSVN\bin\id_rsa.ppk"

つないでみる Edit

  1. 適当なフォルダで右クリック→TortoiseSVN→RepositoryBrowser(またはリポジトリブラウザ)
  2. URLを入力("svn+ssh" + "://さくらサーバのアドレス" + レポジトリの絶対パス)。
    例:$HOME/var/svn/repoにレポジトリを作った場合。XXXはさくらインターネットのユーザID
    svn+ssh://XXX.sakura.ne.jp/home/XXX/var/svn/repo
  3. なんかキャッシュに入れていいかというメッセージが出る。アドレスが正しければ「はい」をクリック。
  4. パスワードを聞かれたら、さくらインターネットのパスワードを入力。
  5. リポジトリが見えて、ツリーを開くことが出来ればOK

関連ページ Edit

ページ新規作成:

コメント Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

スポンサード リンク

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-01-28 (日) 12:48:30 (4281d)